DNPenguin広報室

DNPトピックス #06

有機太陽電池

太陽電池が家の壁紙に!
薄い、軽い、曲げられる、DNPの太陽電池。


 一般的な太陽電池は、ガラスの基板を使ったタイプが主流。それゆえ、重い、割れるという問題があり、設置場所が屋上や平地に限られていました。

 DNPは、ガラスの代わりにフィルムを使い、薄くて軽く、曲げられる太陽電池を開発することに成功。これにより、いままで設置が困難だった曲面などにも取り付けできるようになり、設置場所の制約が大幅に軽減されました。

 この技術は、植物の葉の光合成と同じように、色素が光を吸収すると電子を放出し、電気を生成する「色素増感型」と呼ばれるタイプの太陽電池に使われています。

 DNPの太陽電池は、屋内照明でも良好に発電することができるので、将来は、壁紙のように貼って、壁一面で発電できるかもしれません。

  • このページのトップへ