DNPenguin広報室

DNPトピックス #10

無菌充填システム

食品も地球も長持ちさせる。
DNPの「無菌充填」システム。


 PETボトルの飲料や、パウチ容器の食品などをつくるときの方法の1つ、無菌充填。DNPは約40年にわたり、様々な容器に合った「無菌充填」のシステムを開発しています。

1. おいしさそのまま、食品長持ち
 無菌充填なら、高温で短時間殺菌をした食品・飲料をすぐに冷却し、常温で詰めるので、食品の栄養素が壊れにくく、味や食感、色や香りなどを損ないません。

2. コストをおさえて、環境にやさしく
 無菌充填のPET ボトルは、「プリフォーム」という樹脂に空気を入れてつくられます。中身を常温で詰めるため、耐熱性が要らず、ボトルを薄くすることができます。また、運搬コストを減らせて、排出エネルギーもおさえられる、環境にやさしいシステムなのです。

無菌充填システム APP-900
  • このページのトップへ