DNPenguin 〜広報室メンバーのつぶやき〜

本と写真の未来を体験しよう!

2013年1月23日(水)、「 コミュニケーションプラザ ドットDNP 」 オープン!
「デジタルえほんミュージアム」や「Enjoy!フォトパーク」など楽しい施設がたくさんあります。
DNPの青いサインポールを目印に、Let's Go !!
土曜日も開館してますよ。

住所:東京都新宿区市谷田町1-14-1  DNP市谷田町ビル
ホームページ:http://plaza.dnp/

DNP市谷田町ビル


(2013.1.10)

 

羽田フラッシュモブ

DNPフィルのオーケストラと合唱団でクリスマスイブの羽田空港でのフラッシュモブに参加してきました。これは東北支援のチャリティを目的とするところです。
日本航空の社員の方や国境なき合唱団の方も合わせて160人でベートーヴェンの交響曲第9番の合唱部分を抜粋し演奏しました。
私服で一般の通行人の方のなかに混じっての演奏で、偶然居合わせた方の中には、感極まって泣いている方もいらっしゃいましたし、演奏が終わった後の大歓声に興奮しました!
YouTubeにUPされた動画の反響が大きく、すでに再生回数が2万に迫る勢いです。
(フラッシュモブとは、公共の場に突如集合し、目的を達成すると即座に解散する行為)

2012.12.24
羽田空港国内線第一旅客ターミナル


(2013.1.9)

 

プロジェクションマッピング
クリスマスツリー☆

先週末に六本木ヒルズアリーナで開催していた「Blendy & MAXIMハッピーStickドリンクバー」イベントに行ってきました!
会場には、巨大なスティックにハグすると、クリスマスツリーの映像が変化する、日本初のインタラクティブなプロジェクションマッピングツリーが!!
コーヒーを飲みながら、キレイなツリーの映像を見て、クリスマスの素敵なひとときとなりました☆

クリスマスツリーの絵柄が変化します


(2012.12.21)

 

元文小判、贈られる!?

50年前の1962年12月20日、当時の富士銀行から、小判が当社に贈呈されたんです。日本昼夜銀行(富士銀行を経て、現、みずほ銀行)に売却された、創業の地(銀座4丁目)の跡地から元文小判が発見され、その一部をいただいたんだそうですよ。


(2012.12.20)

 

そばにないかな〜!?

アート情報サイトの『アートスケープ』がスマホ対応になったのでよく使ってます。
ちょっと時間が空いたときに、近くでやっている美術展を検索したり、知らなかった美術館を発見したりできます。
http://artscape.jp/report/topics/10030055_4278.html


(2012.12.17)

 

エコプロダクツ2012に出展!

DNPenguinがみなさんの生活に密着した製品を紹介する「DNPenguinハウス」が出現します!?
そしてハウスの裏手は、「市谷の森」のイメージで、見所いっぱい☆
さらにクイズラリーに全問正解するとオリジナルカレンダーが貰えちゃいます。
ぜひDNPブースに
遊びに来てくださいね(^^)/
(会期:2012年12月13日〜15日)
http://eco-pro.com/eco2012/

飛び出すカレンダーです


(2012.12.13)

 

DNPenguinからひと言!!

忘年会のクイズ大会で優勝チームのご褒美がケーキでした。
そしたら、なんとDNPenguinが「Winner」って褒めてくれてました(^_^)
CMもやってるし、忘年会のみんなの写真でフォトブック作っちゃいました!!


(2012.12.11)

 

小銭がなくても

社内の自動販売機(とりあえず一部だそうです)が社員証で缶ジュース・ペットボトルを買えるようになりました。
社員証はいつも携行しているので、お金を持っていなくても買えるってとっても便利です。


(2012.12.10)

 

『ウマ』ってどんなウマ!?

今、新宿歴史博物館で「新宿を支える企業の歴史」展をやっています。
DNPは、活版印刷の歴史を中心に展示をしていますが、その中で、職人が活字を拾うための活字棚も展示しています。
これって、『活字ウマ』とも言うんです。今ではめっきり見なくなったので、一度見てみると、なるほどウマだって思えると思いますよ!!
http://www.dnp.co.jp/shueitai/news/20121109.html


(2012.12.06)

 

「裸の大将」市谷工場を訪ねる

54年前の1958年12月5日、「裸の大将」こと山下清画伯が市谷工場を訪問。
印刷工程を見学し、写真を修整するのをみて、「色を見て筆で書くんだな。」と真剣なまなざしで言ったそうです。見学後は、お菓子やバナナがテーブルいっぱいの机を前に、色の話がいっぱい、そして、お口もいっぱいだったようです。。

北島織衛社長(当時)と談笑。


(2012.12.05)

 

  • このページのトップへ